インプラント専門治療、一般歯科、小児歯科、口腔外科、プラセンタ療法の杉澤歯科医院( 埼玉県東松山市材木町13-3 )
オゾンナノバブル水の詳細はコチラ
ホーム > ブログ > 歯科衛生士得する話 > 危険な夏の飲み物
ブログ

危険な夏の飲み物

 - カテゴリー " 歯科衛生士得する話 " -

blog_0001冷たいほど危ない・・・

『暑い毎日が続き、冷たい飲み物が恋しくなります。』

【注意すべき点】

冷えた物には通常の4~5倍以上の砂糖類が使われています。
砂糖類が多いということは、ミュータンス菌やラクトバチルス菌が急速に増え、酸を口の中に作りエナメル質を溶かし始めます。・歯の表面の白い部分はエナメ ル質と呼ばれ、ダイヤモンドに次ぐ堅い物質の一つですが弱酸(pH5.4位)には簡単に溶けます。これがいわゆるむし歯の始まりです。

朝起きた時(一日で口中菌が最も多い)に酸の出来やすい食事、飲み物をとるとすぐに酸ができ歯が溶け始めます。ですから虫歯や歯槽膿漏がひどい人は口中菌が多いので、食前のフロスと歯磨きにより菌を減らす必要があります。

<砂糖と酸を大量に含む危ない飲み物>
日本製のジュース、カルピス、コーラ、ヤクルト、レモンスカッシュなど

カテゴリー: 歯科衛生士得する話.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ブログのトップ
  • ブログカレンダー
    2017年11月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 最近の投稿
  • ブログアーカイブ
  • ブログカテゴリー
  • お気に入り