インプラント専門治療、一般歯科、小児歯科、口腔外科、プラセンタ療法の杉澤歯科医院( 埼玉県東松山市材木町13-3 )
オゾンナノバブル水の詳細はコチラ
ホーム > ブログ > 歯科衛生士得する話 > 日本人の顎があぶない!
ブログ

日本人の顎があぶない!

 - カテゴリー " 歯科衛生士得する話 " -

blog_0001なぜ口が大切か?

~人間の進化がもたらした口の新しい役割~

顔と歯の関係は、顔が進化してきた歴史をたどると様々なことがわかります。まず顔の中で最初にできたのか口。その周りに鼻、目、耳ができ、それらの感覚器官が集めた情報を処理するために脳ができました。
そもそも動物の口は食べ物に噛みつきやすいよう、顔の前に飛び出しているのが特徴。また、相手に噛みついて攻撃する道具でもあったので、口自体が武器になるほど硬かったのです。

しかし直立歩行を始めた人間は、食事や攻撃に手を使うようになります。人間の口は奥へと引っ込み、口周辺はやわらかく変化。口の周りを自由に動かせること で人間には表情が生まれ、のどを使って多様な声を発することで言葉が生まれました。人間にとって口は食べるだけではなく、コミュニケーションの器官にも なったわけです。

あごが小さくなる弊害は身体面だけにとどりません。口は考えや気持ちを伝えあう上でも重要な働きがあり、噛むことは表現力や思考力の成長と大いに関係があります。つまり口の退化は、コミュニケーション能力の退化を意味するのです。

カテゴリー: 歯科衛生士得する話.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ブログのトップ
  • ブログカレンダー
    2017年11月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 最近の投稿
  • ブログアーカイブ
  • ブログカテゴリー
  • お気に入り