インプラント専門治療、一般歯科、小児歯科、口腔外科、プラセンタ療法の杉澤歯科医院( 埼玉県東松山市材木町13-3 )
オゾンナノバブル水の詳細はコチラ
ホーム > ブログ > 歯科衛生士得する話 > 咀嚼(そしゃく)の重要性
ブログ

咀嚼(そしゃく)の重要性

 - カテゴリー " 歯科衛生士得する話 " -

blog_0001一般的に、人のからだには廃用性萎縮という 現象がみられます。つまり、若い人でも骨折 などで足を動かしていない場合は1~2ヶ月 で目にみえて筋肉がおちて、機能の大幅な低 下をきたすのです。
歯の場合も、歯を失うとまず顎の骨吸収がはじまり骨密度が低下しもろくなり、顔の周囲の筋肉も痩せ衰え、顔が老けて見えるようになります。また、舌の運動もにぶり唾液分泌が減少し、自浄作用が低下するため口臭が生じてきます。
また、咀嚼をしていると脳の血流量が増加する!と多くの実験結果が報告されておりますが、咀嚼をするということはいわゆるボケ防止になるのです。ガムを噛むことも脳の血流量を増加させることに有効的です。キシリトール入りのガムがおすすめです。

カテゴリー: 歯科衛生士得する話.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ブログのトップ
  • ブログカレンダー
    2017年11月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 最近の投稿
  • ブログアーカイブ
  • ブログカテゴリー
  • お気に入り