インプラント専門治療、一般歯科、小児歯科、口腔外科、プラセンタ療法の杉澤歯科医院( 埼玉県東松山市材木町13-3 )
オゾンナノバブル水の詳細はコチラ

ご挨拶

院長 杉澤 満院長 杉澤 満

近年の歯科医療の発展はめざましく、治療から予防へと移り変わる時代となり、口腔内の健康感が非常に高まっている傾向にあります。 すでに12歳までう蝕のない子どもたちも増えてきました。このようなことからも、口腔内の関心の高まりがわかります。
また、かむことの大切さも、人間工学的に重要であることが分析されています。“かむ”ことは単に食事を楽しく摂るばかりでなく、アゴの成長や脳細胞への 刺激、ボケの防止を助けます。また、消化器系の手助けをすることもご承知のとおりです。8020運動が盛んに言われていますが、80歳で20本の歯を保つ ことも、これからは多くなると思います。我々は、日夜研究し、その実現のために励んでいます。そしてもう一つの大切なポイントである、患者さんの意識の向 上のためにも努力しております。
近年インプラントの関心が高まり、「義歯ではなく、自分の歯のようにかみたい」という患者さんが増えてきました。最近のインプラントの性状も高まり、予 後も良好な状態になってきました。元気な方が増えることはすばらしいことだと思います。これからは、口腔の健康というものを、我々だけではなく、患者さん と一緒に考え、実行していきたいと思います。
  • 診療時間・休診日
    診療時間・休診日
  • ドクター紹介
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • ブログ
  • お気に入り